権利放棄をして途中精算できるから損失を抑えたり利益確定も自在

「FXトレード・ファイナンシャル」の『HIGH・LOW』では購入後から取引受付終了時間までの間に権利を放棄することが可能です。

通常バイナリーオプションでは最大損失は投資金額と同額です。FXや先物取引などと違い莫大な負債を背負うことはないのが安心な点です。しかし、ロスカットなどの手法などが使えないため、ほかの金融商品のように損失を最小限に食い止める方法が使えないという側面もあります。少額での投資であれば問題はないかもしれませんが、仮に大口で取り引きをした場合、投資金額全額が損失となります。購入後から判定結果が出るまでまったく手が出せないのが通常もしくは他社のバイナリーオプション取引の基本です。

しかし、「FXトレード・ファイナンシャル」の『HIGH・LOW』では判定時間の購入受付時間内であれば、購入したオプションを取り消すための『権利放棄』という手法が使えます。例えば現在のレートが1ドル82円とした場合、1時間後の為替が82.5円に変動すると予測し、円安方向で1万円ほど購入したとします。

このとき予想が的中すればペイアウト率が1.88倍とすれば、18800円の払い戻し、たった1時間で8800円の利益をあげられそうでした。しかし、残り10分になったところでどうも82.5円まで到達しない可能性が濃厚となってしまったので権利放棄を行使します。本来であれば1万円すべてが損失となる予定でしたが、権利放棄の決断でなんとか7800円の払い戻しが入りました。つまり、1万円の損失を免れ、2200円を失っただけで損失を抑えることに成功した、というわけです。

権利放棄をした際、場合によっては払い戻しが受けられないこともあります。権利放棄は購入者が「FXトレード・ファイナンシャル」に対して購入の契約を一方的に取り消したようなものです。

ですので、「FXトレード・ファイナンシャル」側は「FXトレード・ファイナンシャル」が提示する条件を飲めば権利放棄に応じてあげようというわけですから、ケースによっては払い戻しがないということは往々にして発生します。システム上には権利放棄を行使した際の払戻金額が提示されていますので、万が一行使する場合は、しっかりと条件を確認してからクリックすることをお勧めします。

最短5分後には約2倍の収益が出る可能性あり!バイトレの公式ページへ

ページ上部に戻る